ブログ

ブログ詳細

様々なはりに挑戦・・・女の子ぶる編


山手線目白駅から徒歩2分の鍼灸院 元気堂の小内です。

今日は様々なはりに挑戦ということで、こんなはりを準備しました。

 

写真・・・さて、なんのはりでしょうか↓↓↓

 

カメラロール-0481

 

鍼灸マニアの方はきっと心の中で

「きた!!」

と叫ぶ人もいるかもしれませんw

 

挫刺鍼

 

ではありません・・・

 

ちなみに挫刺鍼の鍼先はこちら↓

カメラロール-0482

 

 

正解は

?

カメラロール-0480

 

刺繍用のはりでした!

かぎ針ですね。

 

はり違い。

 

本を読んでいても頭に入らないときは

これにかぎります。

特に考えもせずにひたすら円を描き続ける・・・

まともな作品なんて作り方しりませんが、

勝手に手が覚えてくれるものです。

どんどん上達してきました。。。

 

 

 

さて、挫刺鍼とはw

 

「ざししん」と読みます。

 

一部の鍼灸業界では「秘技」なんて呼ばれてることもあります。

 

なぜ秘技なのかというと・・・たぶん、めちゃくちゃ難しいからです。

 

難しい理由1、とっても痛い。

鍼先は途中で折れることがないように太めに作られています。

この鍼の先1~2mm皮下に挿入後、ぐいっとひねり、掻き出します。

そうするとうまくいくと繊維を掻き出すことができ、この繊維を処理すると症状が改善されます。

 

難しい理由2 この繊維がなかなか見つからない。

 

難しい理由3 痛みに耐えて練習を積み重ねても 実際使う機会がほとんどない。

一部、疾患に劇的に効果的なのですが、

プロアスリートなどが対象であり 一般の方向けに利用する機会はまずありません。

なので、実際治療に使っていらっしゃる鍼灸師の先生は数える程度しかいないでしょう。

 

私も古典的な鍼も含め、様々な鍼を学びましたが、 挫刺鍼だけは練習が続きませんでした。

痛かったので。。。

 

ということで、挑戦と題しておきながら ただの余暇の紹介でした。

★★2020年9月のお休み★★
定休日水曜日
21日22日 祝日完全予約制(前日までにご予約お問い合わせください)
25日 時短営業 13〜18時
26日 お休み

  • facebook
  • twitter
  • mixi