ブログ

ブログ詳細

骨盤のずれは股関節に現れる


山手線目白駅から徒歩二分の鍼灸院 元気堂の小内です。

 

今日は骨盤のずれについて。

骨盤は左右の寛骨、真ん中お尻の仙骨の三枚の骨の総称とされています。

骨盤矯正とよく言われるものの多くはこの三枚の歪みではなく、

背骨と仙骨の歪み、もしくは寛骨と大腿骨の歪みが対象となります。

 

さて、本当に骨盤がずれたらどうなるか・・・

「痛み」がでます。

体を支えるところがずれるということは、それなりに痛みが伴います。

痛みが出る場所は、患部が痛むことももちろんありますが、

股関節にでることもあります。

鼠径部のところです。(私はコマネチラインと呼んでますw)

股関節に痛みがあるときは、股関節自体の異常とどうじに、

骨盤のゆがみも考えなければいけません。

 

骨盤自体のゆがみやずれはなかなか起きるものではありませんが、

産後などにはありえることです。

しっかりと状態を見ながら原因を突き止めなければいけません。

 

腰回り、骨盤、股関節、

痛みや違和感があるときはお気軽にご相談ください。

腰痛に強い元気堂は目白駅徒歩二分です!

★★2021年4月のお休み★★
定休日水曜日
29日(祝日)完全予約制 27日までにご予約をお願いします。
祝日当日はお店にいない場合があります。事前のご予約のご協力をお願いいたします。

  • facebook
  • twitter
  • mixi