ブログ

ブログ詳細

鍼治療は痛い?


目白元気堂の小内です。

今日は、よくある質問、「鍼は痛いのですか?」について。

桜の蕾

 

(痛い話もあるかもなので、ちょっと心を和ませておいてくださいw)

 

鍼治療というものにすごく興味はあるけれど、

どうしても痛いという印象があるため、初めて受ける人はドキドキ!ワクワク?

とりあえず、絶対ある質問。

 

「鍼は痛いですか?」

 

私は大抵こう答えます。

 

「はい、痛いです。」

 

あ?諸鍼灸師の先生から怒られそうw

 

鍼灸師同士の会話で言われるのは、

「鍼を痛く刺すのはお前の腕がないからだ?」と・・・

 

確かに、私の腕はまだまだ未熟です。

 

 

鍼の太さや、鍼をする場所などにより痛み方は全然変わってくるのも確かです。

 

どこに鍼をしても、どんな太さの鍼でも絶対に痛くさしません!という100%論はありません。

鍼をする場所、太さ次第で痛みの軽減や痛む確率を抑えることは可能です。

 

痛みやすい場所に痛みを少なく抑えられる太さの鍼を選ぶのは確かに鍼灸師としての腕です。

そう考えれば、痛みの少ない(ない?!)鍼をすることも可能です。

 

ここまでは、鍼灸師同士の会話で思うこと。

 

 

 

さて、私がどうしてわざわざ「鍼は痛いです」と言ってしまうか。

 

1つ目は、痛点と言って、痛みをひどく感じやすいポイントが皮膚には点在しています。

これはどこにあるかなんて目視はできません。

((上手な鍼灸師はこの痛点でさえ見えるかのように避けて鍼をしている・・・なんて言う人もいるかもしれませんが))

この痛点に当たると、まぁ、痛いです。鍼治療に慣れている方でも強い痛みを感じてしまいます。

こればっかりは運だと思っています。

ただ、これにドンピシャに当たるなんて、100本の鍼をして1本当たらないぐらいです。

 

2つ目は、私は、より患者様が感じている痛みを鈍化させるためにあえて少し太い鍼を選んでいるため、どうしても痛みが感じやすくなってしまいます。

鍼の効果に鎮痛作用や感覚を鈍化させる作用があります。

慢性腰痛などはこれがとてもよく成果を出してくれます。

 

 

と、ここまで説明しておいてなんですが、

実際、鍼はそこまで痛くないですよ。ww

 

え?w

 

痛くないことなんてないんですけど、

痛くない!と言ってしまったら、痛かったら嘘つきになっちゃうので。

痛い!と言っておけば痛くなくても喜ばれるでしょう?

その程度です。

無痛とは言いません。

でも、ほとんど痛くありません。

 

 

縫い針で指先を刺すとめっちゃ痛い!

だから、鍼治療も痛い!

 

ということはありません。

まず、先ほど、痛点の説明をしました。

この痛点、触覚の役割も果たしています。

指先は手触りなど敏感に感じるために痛点がたくさんあります!

なので、縫い針のような太いもので突けば、大体痛点にあたり、痛いのです。

 

そして、針先の形状が縫い針と鍼治療用の鍼では違います。

この形状の違いが痛みに大きく関わっています。

不思議なことに、縫い針はどんなに注意深く刺しても痛みます。

痛点が少ないはずの背中でも痛みます。

鍼治療用の鍼はよっぽどドンピシャに痛点に当たらない限り縫い針ほどは痛みません。

この痛み方は全く違います。

 

 

気まぐれに、鍼をするときの痛みについて説明してみました。

なんとなくでも伝わったでしょうか?

 

鍼治療の世間の印象として、

1、痛い

2、高い

3、胡散臭い

というのがあると思いますが、

私が鍼灸の専門学校に入る頃も同じように思っていました。

(なぜ鍼灸師になろうと思った、その前にまず!!!!というツッコミは置いといて)

しかし、一つ言えることは、それでもこの世から消えない治療法であることは確かです。

痛すぎる鍼治療ならもうとっくに廃れているはずです。

高くて効果に見合わないものであればそれも次第に人は離れていきます。

胡散臭いだけで成果を得られなければ人はついてきてくれません。

 

 

こんなざっくばらんなブログ記事ではありますが、

読んでいる人が少しでも鍼治療への抵抗が薄れるといいなと思っています。

★★2020年9月のお休み★★
定休日水曜日
21日22日 祝日完全予約制(前日までにご予約お問い合わせください)
25日 時短営業 13〜18時
26日 お休み

  • facebook
  • twitter
  • mixi