ブログ

ブログ詳細

腰痛 痛みにアイシングはどうなのか?


目白から線路沿い徒歩2分の元気堂鍼灸院 小内です。

 

この季節、やはり寒さから腰痛の人が増えています。

 

スポーツをやっていた人は特に、

痛めたらすぐに冷やすというのが鉄則ですよね。

私もバスケットボールやラクロス・卓球にタッチフットボール

そのほか色々スポーツをする機会があり、

よく足首を捻挫したり、腫れあがるような打撲を経験しました。

氷に少しの水をいれることで0度以下にはならないようにした状態で、

感覚がなくなるまで冷やします。

そうすることで、組織の炎症が他の健康な組織にまで広がらないようにしていきます。

スポーツの現場でのその場での応急処置にはアイシングはいいと思います。

痛みを一時的に抑えて、回復期間を縮めるといいます。

 

さて、腰痛にはどうでしょうか?

ぎっくり腰といわれるもの、

重い荷物を持ち上げるために力んだ時に痛みが出た場合など、

これは急性腰椎捻挫とも名前をつけられることもあり、

冷やしたほうがよさそうな感じもしますが・・・

 

腰痛の痛みに対して

冷やすことで回復が早くなっているのを見たことがありません。

実は、炎症は、回復へのステップの一つで、

炎症はその後の回復を早めます。

なので、冷やして炎症を抑えてしまうといつまでたっても回復へのステップが進みません。

また、腰回りは筋肉と脂肪も厚く、冷やしたところで、肝心な患部が冷やせるとは限りません。

お風呂でゆっくり温めて、冷えないうちに寝ていただく方が回復の期間は短くなります。

多少痛みが一時的に強くなりますが、

ゆっくり休んで、しっかり温めた方が腰痛にはいいでしょう!

 

 

 

★★2020年9月のお休み★★
定休日水曜日
21日22日 祝日完全予約制(前日までにご予約お問い合わせください)
25日 時短営業 13〜18時
26日 お休み

  • facebook
  • twitter
  • mixi