ブログ

ブログ詳細

足つぼ


山手線目白駅徒歩2分の鍼灸院 元気堂の小内です。

 

読売新聞に足裏にはツボが集中しています!といった広告記事がありました。

足裏のツボ押し・・・やったことありますか?

 

よく温泉場に足つぼを刺激しながら歩けるみたいなぼこぼこした道がありますよね。

昔は普通に歩けていた気がするのですが、 いまでは痛くて歩けません・・・(> <;)

内臓など健康な人は普通に歩けるといいますね。

痛みで顔をしかめている大人の横を 小中学生が笑顔で追い抜きます。

 

足裏のツボの図はみたことありますか?

数種類準備するとわかるのですが、 種類によりツボの配置が違っています。

東洋医学において、鍼灸師がつかっているツボは足の裏には3つしかありません。

血行をよくするツボ 湧泉(ゆうせん)

食あたりのツボ 裏内庭(うらないてい)

不眠のツボ 失眠(しつみん)

指圧などで利用する足裏のツボは

それぞれの国や地方で経験的に決められたものが多く、 統一されていません。

しかし、その多くは私たちが考えているツボというよりは

内臓の位置を反映しているものが多いようです。

このあたりは胃です。とか。

胃の調子が悪いとこのあたりに反応が出ることが多いです。とか。

反射区と呼ばれています。

 

以前足裏マッサージをするリラクゼーションで働いていたことがあるのですが、

お恥ずかしながら「反応」とはどうゆうことなのか、結局最後までわかりませんでした。

痛いことが反応なのか、 ぶよぶよしていたり、固くなっていたり、そういった質の変化が反応なのか。

たいてい、痛がるところの反映されている内臓について説明していても 的を得ている!ような反応は少なく、

なにか違うんだろうな・・・と感じることが多かったです。

まだまだ経験も考えも足りていませんでした。

 

世の中には足の裏を触っただけで持病がわかるというすごい先生もいます。

ぜひ一度、そういった先生のお話を聞いてみたいものです。

おわり

★★2020年9月のお休み★★
定休日水曜日
21日22日 祝日完全予約制(前日までにご予約お問い合わせください)
25日 時短営業 13〜18時
26日 お休み

  • facebook
  • twitter
  • mixi