ブログ

ブログ詳細

目白で「ほぐし」ではなく「マッサージ」を受ける


ご無沙汰しております

最近はコロナウィルスなどでちょっと街中が寂しくなっております。

目白に自由学園明日館という重要文化財のお屋敷があります。

とても雰囲気のある建物で、その中にいくつものカルチャースクールだったり公開講座が開催されているのですが、このコロナウィルスの影響でいくつもが中止となっています。

自由学園明日館と駅までの間に元気堂があるため、講座がある日は多くの方々が行き交うのですが、

現在は人通りも少なく、講座が終わった後の人の出入りがないのだなとひしひし感じるこの頃です。

 

 

さて、「ほぐし」と「マッサージ」の差をご存知でしょうか?

よく道中の60分2980円的な看板がかかっているのを見かけますが、あれらの看板には「カラダほぐし」と書いてあることが多いです。

一方、「マッサージ」と看板をしっかりと挙げているお店の相場は「ほぐし」より少しお値段的に高いのにお気づきでしょうか?

 

「マッサージ」は医療類似行為であり、国家資格の「あんまマッサージ指圧師」を有し開業したお店でしか看板にかけられないことになっています。

「○○マッサージ院」と書いてあれば、間違いなく「あんまマッサージ指圧師」の資格を持っているということです。

あんまマッサージ指圧師の資格取得のためには3年間専門学校に通わなければいけません。

もちろん、解剖学、生理学を初め、各種専門知識を身につけます

国家資格ということは国家試験もあります。

3年勉強して1年に1度しかないチャンスをしっかりと勉強して取り組んだ人があんまマッサージ指圧師になることができます。

 

 

では「ほぐし」は何か?

・・・さて?何なんでしょうか?

いろんな団体がいろんな定義を持っていると思われます。

国家資格を持っていない施術者がマッサージのようなことをするということでしょう。

業界に入って1週間も研修することなく現場でほぐしという施術を覚える方もいれば、

学校のようなところで3ヶ月勉強してきましたという方もいます。

ただ、1週間ないし3ヶ月で解剖学や生理学が学べるはずもなく、おそらく一通りの人の触り方や接客のお勉強が関の山と思われます。

 

とはいえ、私、よく「ほぐし」行きますw

なぜか、だって安いんだもん

そして、1時間ちょっとウトッとすると気持ちがいいんだもん

 

 

さてさて、では、そうなると、国家資格のあんまマッサージ指圧師さんの施術を受けるのと「ほぐし」のようなところで受けるのと、どっちがいいのでしょうか?

 

体の状態を判断して選ぶのがいいと思います。

 

痛みがあったり、持病があったり、改善したいことがあるのであればあんまマッサージ指圧師さんの施術を受けるべきです。

病状の把握、適応不適応、解剖学的に把握された施術、アフターフォローなどいろいろご相談にも乗ってくれると思います。

 

心身の疲れをちょっとリフレッシュしたいなとか、リラックスする時間が欲しいなというのであればほぐし屋さんでも十分だと思います。

ほぐし屋さんでも上手な人は本当に上手で、脳味噌パッカーと開いたんじゃないかぐらいスッキリさせてくれるほぐし屋さんもありますし、

残念ながら、適応不適応を無視した施術、解剖学を無視した施術で、私、腕が一時的に挙がらなくなったこともあります。

 

 

 

ということで、前置きが長くなりましたが、

当院、目白元気堂でもマッサージ施術をお受けしております。

当院では施術所名にマッサージを掲げておりませんが、

国家資格「あんまマッサージ指圧師」も取得しておりますので、

安心して施術を受けていただけます。

 

実は2月は腕を痛めてしまってマッサージのみの施術をお断りしておりました。

3月に入り、腕の状態は回復!

マッサージのみの施術も承りますので、お気軽にご相談ください。

 

当院の施術は癒しの時間・・・ではなく、どちらかというと終わった後に脳味噌パッカーんとするタイプです。(?w)

ご来院時の体の状況に合わせたオーダーメイドの施術となります。

症状、適応不適応を見極め、自然治癒力が高まるような施術を心がけております。

気になるところは是非全てご相談いただいて、無駄のない時間にしていけたらと思います。

 

目白で「マッサージ」を受けるなら、目白元気堂で!

と、なるよう、研鑽を重ねたいと思っております。

よろしくお願いいたします。

 

★★2020年9月のお休み★★
定休日水曜日
21日22日 祝日完全予約制(前日までにご予約お問い合わせください)
25日 時短営業 13〜18時
26日 お休み

  • facebook
  • twitter
  • mixi