ブログ

ブログ詳細

ゴルフによる腰痛・背部痛②


硬い筋肉を柔らかくするとゴルフがもっとラクになる!
もう少し解説を加えます。
?
筋肉は縮むことで関節を動かすものですが
ゴムのように伸びることもします。
片側が縮めば、その反対側の筋肉が伸びます。
その反対側の筋肉が伸びないとどうなるか。
極論、関節が曲がらなくなります。
?
例えば、肩の関節では主に6つの筋肉が動きを支えています。
そのうち一つが伸びなくなると、つっかえ棒のような役割をしてしまいある方向に曲がりにくくなります。
動きを見るだけで体の状態がわかるというのはこの考えをもとにしています。
?
ゴルフの捻転動作という動きは腰、背中の筋肉を使うのですが、
曲がりにくい、けど曲げたいと思うと代替運動というものが起きています。
「腰が回りにくいなら肩を回そう(挙げよう)」という具合に。
レッスンプロから肩を押し下げられ「腰をもっと回して!」と言われたことのあることは少なくないのではと思います。
その代替運動がフォームに与える影響は大きいのです。
?
日ごろから硬い筋肉を減らして柔軟性を保持することはフォームの改善につながると考えます。
そして、無駄のないラクなフォームでゴルフができるようになります。
?
?
次回はゴルフのための日ごろのケアと注意点。鍼灸の有用性をご説明します!

★★2020年9月のお休み★★
定休日水曜日
21日22日 祝日完全予約制(前日までにご予約お問い合わせください)
25日 時短営業 13〜18時
26日 お休み

  • facebook
  • twitter
  • mixi