ブログ

ブログ詳細

腰痛 膝が伸びるか伸びないか


膝が伸びるか伸びないか。
?
梅雨明けして、夏らしい青い空と白い雲がまぶしい元気堂です。
?
?
慢性的な腰痛などを長年抱えると腰が丸くなってくる人がいます。
後弯といいます。
?
人間は立ち歩く動物です。
直立したときも歩く時も最もバランスがよくなるようにと
人の背骨にはS字湾曲という形体になっています。
?
足を動かしても上半身がバランスよくなるように
S字湾曲は背骨つまり首から腰にかけてで完結しています。
首は前弯、背中は後弯、腰は前弯。
これが基本の湾曲です。
?
しかし、腰痛や変形などでこの湾曲が崩れるとどうなるでしょうか。
身体のどこかの湾曲を崩してバランスを整えようとします。
?
慢性的な腰痛などで腰が丸くなってしまった方は
腰で前弯を作れない分、どこで前弯を作るか。
?
たいていの場合、膝で前弯を作ります。
?
まっすぐ直立してみてください。
膝を伸ばした時に上半身のぐらつきや前のめりを感じる人がいます。
膝を軽く曲げたほうが上半身が安定する人がいます。
もしこれに当てはまるようでしたら、腰が後弯している可能性があります。
長く後弯していると変形してしまったり、痺れの原因になったりします。
早めに気づけるよう、身体の変化のバロメーターにしてみてください。
?
?
?

★★2020年10月11月のお休み★★
定休日水曜日
11月3日(祝火)お休み
11月23日(祝月)要予約・・・前日までにご予約ください。当日のお問い合わせに対応できないことがあります。


  • facebook
  • twitter
  • mixi