ブログ

ブログ詳細

だらだらブログ 写経・写本について


なんとなく、文字を書くのが好きなので
写経をやってみました。
?
鍼灸師が教科書として一度は読んだ(読むふり)ことのある本「素問」。
「素問」はまだ印刷の技術などなく、
写本、つまり手で書き写していた時代のものです。
?
・・・なので、書き間違えなども多々あります。
?
書き間違えると意味が変わってきます。
そもそも素人(自分含む)には読み下すことはとうてい無理です。
あ、「素問」は漢文で書かれています。
中国の古典です。
?
読むことをさらに困難にするものがあります。
かつての中国には、その時の王の名前に使われている漢字は
書物に使ってはいけないというルールがあったそうです。
なので、音で似ている漢字をあてはめます。
(おかげで、その書物がいつの時代に書かれたものか判別することができるようになります)
?
・・・写経をするにあたり、題名の意味ぐらい調べようと思い、ネットサーフィン。
『佛説摩訶般若波羅蜜多心経』
仏さまが話された、彼岸に至るための偉大な知恵のエッセンスの教え。
ここで注目なのが、昔は異国の言葉を文字にするときに音が似ているものを選んでいたというところです。
波羅はもともと「バーラム」
蜜多は「イター」
「バーラムイター」という彼岸に到るという言葉を漢字に直したときに
波羅蜜多になったそうです。
どうりで漢字のもつ意味だけではまったく理解できないわけです。
?
中国の医古典も同じ様なことをしていますから、
なかなか勉強不足の私には読むことはできませんが
できるかぎり親しみをもって、「素問」などの古典を身近においておきたいなと思っています。
写経じゃなくて、頑張って「素問」の写本にしてみようかしら・・・(口だけ)
?
今夜もだらだらブログ、失礼しました。
?

★★2020年9月のお休み★★
定休日水曜日
21日22日 祝日完全予約制(前日までにご予約お問い合わせください)
25日 時短営業 13〜18時
26日 お休み

  • facebook
  • twitter
  • mixi