ブログ

ブログ詳細

睡眠とうつ病などの症状の関係性について


JR山手線目白駅徒歩2分の鍼灸院 元気堂の小内です。
?
?
?
今日は寒かったですね。
一雨一雨が冬の寒さを強めていきます。
風邪をひかないように、冬の準備をはじめましょう。
(ガスストーブがいつでも使えるように準備しましたw)
?
?
睡眠は大切という話はよく聞きますが、
レム睡眠とノンレム睡眠という言葉は聞いたことがありますか?
?
レム睡眠とノンレム睡眠は睡眠中の状態のことで、
レム睡眠中は脳が動いて体が休んでいる状態(浅い眠り)
ノンレム睡眠中は脳が休んで体が働いている状態(深い眠り)
と説明されることが多いと思います。
?
?
人間は寝ないと生きていけないので、この睡眠中の体の反応はとても盛んに研究されていますが、
今回、こんな記事を見つけました。
?
?
この記事によると
レム睡眠中があることによりノンレム睡眠時にデルタ波を誘発する役割があるらしいということです。
?
デルタ波とは脳波のアルファ波などと同じ種類の一つで、
もともとノンレム睡眠中にデルタ波が最も多く出現するということは知られていました。
?
今回の実験では、レム睡眠がないとノンレム睡眠時にデルタ波が出てこないということです。
?
つまり、昼寝で30分ぐらい寝ているだけではこのデルタ波は出てきません。
?
この実験が将来生かされる問題は
うつ病やアルツハイマー病、自閉症スペクトラム、注意欠陥・多動性障害(ADHD)などです。
これらの病気は脳波との関連性が注目されている病気です。
睡眠の質がこれらの病気に影響するというのは、確かにちょっとわかる気がします。
とくにうつ病では睡眠障害から症状が悪化している傾向があります。
?
良質な睡眠を維持するためにも昼間にしっかりと動いて疲れるということ
夜寝る前の環境を整えることなどなど(他サイトのブログにたくさんハウツーがあるので省略)
心がけたいですね。
?
?
※11月9日は小内の諸事情により、
予約を受け付けられません。
当日出勤を予定していますが、何時から開院できるかわからない状態です。
ご予約やお問い合わせはメールでお願いいたします。
ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

  • facebook
  • twitter
  • mixi