ブログ

ブログ詳細

『鷹野鍼灸院の事件簿』


山手線目白駅から徒歩2分の鍼灸院 元気堂の小内です。

 

前の職場の鍼灸師の先生から本を紹介していただきました。

『鷹野鍼灸院の事件簿』乾緑郎著

乾先生は現役の鍼灸マッサージ師でもあります。

そして、私の出身学校の先輩だそうです。

 

新米鍼灸師と治療の腕も推論(アブタクション)も抜群だけどちょっと抜けてる院長の日常を描いている作品です。

鍼灸師あるあるはもちろん、 鍼灸師は画像診断などはもちろんしませんから、

患者さんの動きや些細な一言を元に、症状を類推していきます。

鷹野鍼灸院の院長・鷹野はこの推論がずば抜けています。

 

 

一般の方向けなので丁寧に東洋医学用語の解説加えていますが あらためて感じることは、

東洋医学の用語は複雑だなと思いました。

 

五臓六腑という言葉は日常の養生などでよく耳にしますよね。

東洋医学の経絡では六臓六腑合わせて十二経絡といい、

理論では五臓五腑で話をすることもあります。

ちょっと都合のいいのも東洋医学の特徴で、 初学者はここでがっつり躓きます。

 

 

小説の内容自体は、東洋医学の知識は全く必要なく読み進めることができます。

鍼灸師を目指している人にとっては、鍼灸師の一片を覗くことができるかもしれません。

お時間があればぜひ、お読みください。?? ぜひ~

★★2020年9月のお休み★★
定休日水曜日
21日22日 祝日完全予約制(前日までにご予約お問い合わせください)
25日 時短営業 13〜18時
26日 お休み

  • facebook
  • twitter
  • mixi