ブログ

ブログ詳細

例えば背中の痛み (亜急性外傷について)


「亜急性の外傷」
前回のブログで「亜急性」の意味について考えました。
?
亜急性の外傷は目白元気堂でも割と多く扱う外傷の一つです。
?
前回のブログで紹介した腱鞘炎も鍼灸を用いて治療をすると
痛みを早く抑えて早期回復していきます。
?
姿勢の異常により腰、股関節、膝や背中の痛み、首の痛みを発生させることがあります。
これも考え方としては「亜急性」の症状です。
痛みの軽減を目指すとともに、同時に姿勢の異常の気づきと良好な姿勢へと調整していきます。
?
?
なかなか背中の痛みが治らない患者さんがいます。
施術後しばらくは調子がいいのですが、
間をあけると同じ痛みを繰り返します。
?
来院のない期間に悪い姿勢が抜け切れず、
日常生活で背中の痛みを作り出しているようです。
私からこの悪循環をご説明していますが
なかなかその悪循環から抜け出すことができません。
お互いに抜け出すための覚悟が足りないのかもしれません。
?
苦痛に顔をゆがめる日々を終わらせたい、終わっていただきたいのは
患者さまも、施術者も同じです。
患者さまが無理なくできることから、ひとつづつ生活に変化をだし、
セルフケアとして痛みを予防できるようになっていただくのが元気堂の目標です。
?
?
亜急性の外傷の原因を突き止め、悪循環から抜け出しましょう!

★★2020年9月のお休み★★
定休日水曜日
21日22日 祝日完全予約制(前日までにご予約お問い合わせください)
25日 時短営業 13〜18時
26日 お休み

  • facebook
  • twitter
  • mixi