ブログ

ブログ詳細

身体の歪み 靴の裏の減りから自分を分析してみた


久しぶりの更新となってしまいました・・・
?
先週10日はお休みをいただいて
ラクロスクラブリーグ戦の運営をしてまいりました。
運営といっても、ただひたすら日に焼けながら試合をみるという・・・
おかげでさらに黒い鍼灸師になりました!
?
そして、目白三丁目町会のお祭りがありました!
IMG_20160910_200110
大人神輿も盛り上がっていました~~。
お祭りって神聖な気持ちになれますね(^ ^)
?
?
さて、
?
現代社会で生活を送っていれば身体のゆがみの一つや二つ
誰にだってあります。
完全なるシンメトリーで生活することは困難ですし。
その歪みは身体の傾きを生み出し
靴に影響を与えます。
?
よく履く靴の裏を見てみましょう。
どこがすり減っているでしょうか?
?
わたしは左右とも小指側のすり減りが目立ち、
また、足の薬指の根本でのすり減りがあるところから、
本来は足の親指の付け根で地面を蹴り歩くべきところが
股関節、膝が外側に広がり、いわゆる蟹股で歩いている可能性がある・・・
と想像できます・・・。
?
(o □ o;) 女性としてはちょっと残念な歩き姿・・・
?
卵が先か、鶏が先か。
臀部が横に広がるわたしの体型の場合、
このような歩き方にはなりがちです。
股関節のゆがみからこの歩き方、靴底の減り方になっているのか、
歩き方が悪いからこの股関節のゆがみになっているのか。
双方からのアプローチが必要になります。
?
?
慢性痛のような身体の痛みは
その人の日常生活の動きの癖などに原因が隠されていることが多いです。
痛みを取りたい!治したい!
と思うのであれば、日常生活を変えるつもりで取り組みましょう。
?
わたしもまずは歩き方を意識してみたいと思います!

★★2020年9月のお休み★★
定休日水曜日
21日22日 祝日完全予約制(前日までにご予約お問い合わせください)
25日 時短営業 13〜18時
26日 お休み

  • facebook
  • twitter
  • mixi