ブログ

ブログ詳細

太ももの前側を伸ばすストレッチ


冬らしい寒い日が続いています。
太陽の光がありがたいですね。
太陽さえあればぽかぽかです・・・
?
?
私は施術後にセルフストレッチを指導させてもらうことがあります。
理想は自分で対策が取れること。
?
?
ということで、今日は太ももの前側のストレッチ。
?
【挑戦する方はブログの下の方に注意事項があるので
そちらもよく読んでから挑戦してみてください。】
?
学生の頃、体育の授業でよくやったと思います。
仰向けで片足だけ正座、もう片足は伸ばしっぱなし。
この状態で体を後ろに倒していきます。
?
このストレッチ。
割と簡単にできるのですが、
年を重ねると意外と難しくなってきます・・・。
?
ということで、
セルフストレッチ。
椅子からハンケツ落とした状態で姿勢を正します。
ハンケツ落とした方の膝をお尻の真下に来るように股関節をまっすぐにして
つま先で地面を蹴ります。
ちょっと説明がわかりにくいのですが、
片足は普通に座っている状態。
もう片足は立膝のような状態ですね。
最初は伸びている感じがしないかもしれませんが、
つま先に力を入れて5秒ぐらいまつと少しずつ伸びを感じてきます。
?
パートナーがいる方は
うつ伏せの状態でパートナーに片膝を曲げてもらってください。
自分の力を必要としないので
体がとても硬いかたでも挑戦することができます。
?
逆に柔らかすぎて、これじゃ伸びないよ!という方。
膝ぐらいの高さの椅子に片方の膝をのせます。
そしてのせた方の足首を持って太ももの前側を伸ばしていくのですが
その際、下腹部を前に突き出すように胸を張りながら膝を曲げていきます。
そうすると普通のストレッチでは伸びなかった人も伸ばすことができます。
うまく伸びないひとは、膝の向きと骨盤の向きを左右に振りながら様子をみてください。
しばらくじっとしていると伸びてきます。
?
?
文字にするとちょっとわかりずらいですが、
やっていることは簡単です。
?
柔らかすぎる方へのストレッチは立位でのストレッチになります。
バランス感覚に不安がある方は避けてください。
ペアでパートナーにストレッチをしてもらうときは
声を掛け合いながら無理に押さないように注意してください。
ちょっと力を入れれば曲がりそうなのに、
本人は悲鳴を上げていることがあります。
コミュニケーションです!!
?
?
挑戦です。
体は動かしてなんぼ。
わからなかった方はお気軽にお尋ねください!!

★★2020年9月のお休み★★
定休日水曜日
21日22日 祝日完全予約制(前日までにご予約お問い合わせください)
25日 時短営業 13〜18時
26日 お休み

  • facebook
  • twitter
  • mixi