ブログ

ブログ詳細

労作性呼吸困難


労作性呼吸困難
?
私たち鍼灸師は「診断」はできません。
病名をつけることができません。
病名をつけることは診断権といい、医師が行うことができます。
?
しかし目白元気堂には様々な症状を抱えて来院されます。
その症状の原因は何なのか、「診断」はしませんが「鑑別」を行っていきます。
?
鑑別をするために患者様の症状を把握していきます。
今回はその中で労作性呼吸困難についてです。
?
?
労作性という言葉はご存知ですか?
簡単にいうと、
体を動かすことにより・・・という意味です。
?
日常的な動作でも連続して体を動かすことで息苦しさを感じてしまう症状です。
?
例えば、
おしゃべりをしながら歩くことが困難となります。
?
労作性呼吸困難という症状があるということは何かしらの病気の可能性があります。
心臓や肺の病気が一般的です。
?
著しい体力の低下でも起こりえます。
長期の療養後は体力の低下により労作性呼吸困難の状態になることがあります。
また、体の整形外科てきな疾患によりひとつの動作に筋力・体力を多くさかなければならない場合も起こります。
?
労作性呼吸困難は病名ではありません。
症状名です。
労作性呼吸困難の方が来院された際、
どんな原因によりこの症状が起きているのかを鑑別する必要があります。
?
?
先日ご来院された方は心臓の持病がある中で鍼灸治療をさせていただきました。
目白元気堂の施術を受け始めてから労作性呼吸困難の頻度は減ってきたようです。
調子のいい時は2~3階まで階段であがっても苦しくない、とのことでした。
?
?
鑑別し、当院でできることをご相談させていただいてから実際の施術に移っていきます。
わからないこと、不安なこと、思い出した症状などお気軽にお伝えください。
病院で伝えるべきことや、今後の見通しなどもわかる限りお伝えしています。
治療に行き詰ってしまった症状がありましたらご相談ください。
?

★★2020年10月11月のお休み★★
定休日水曜日
11月3日(祝火)お休み
11月23日(祝月)要予約・・・前日までにご予約ください。当日のお問い合わせに対応できないことがあります。


  • facebook
  • twitter
  • mixi