ブログ

ブログ詳細

腸を包み支える膜 腸間膜


腸間膜という臓器
?
寒い日が続いています。
今週末は関東でも雪が降る可能性があるそうです。
雪の準備をしておいた方が良さそうです。
?
2016年、新しい臓器が発見されたというニュースがありました。
その名は腸間膜。
腸問膜自体は元々知られていましたが、
ただ腸を包んでいるだけの膜と思われていました。
それが今回の発見では腸間膜自体に特有の働きがあることが発見され
臓器として分類されるということでした。
?
臓器というのは解剖学の分類上、特有の機能を持っているということです。
その機能をこれから細かく研究されるのだとは思いますが・・・
?
整体の世界では腸間膜を重要視している先生が多く存在します。
というのも、腸間膜は腸を包み支えている膜なのですが、
腸は免疫機能において重要な働きをしています。
腸は脳と連携を取り脳の異常時には腸も異常になることがあるといわれています。
栄養吸収や免疫、精神的なところまで幅広く関係のある腸を包み、支えている腸間膜に異常があったら
腸にも影響がでるのではないか?というものです。
その視点からのアプローチで結果をだしているそうです。
?
筋肉を包む筋膜の異常が起きると違和感や痛みにつながるということはわかっています。
同じく、腸間膜に異常が起きれば何かの病気になってしまう可能性があります。
今後、腸間膜が体に与える影響というものが広く研究されることになると思います。
その結果、不治の病と言われていたものが治る病になるかもしれません。
?
現代医学でもまだ体のことがすべてわかっているわけではありません。
今後も多くの発見があり、多くの病が治るようになることを願います。
?
?

★★2020年 年末年始のお休み★★
定休日水曜日
12月29日〜1月2日までお休み
2021年1月3日より通常通り

  • facebook
  • twitter
  • mixi