ブログ

ブログ詳細

逆子対策のお灸


逆子対策にお灸・・・
?
元気堂では逆子対策の「逆子の灸」レクチャーをしています。
?
お腹の中のあかちゃんは
34~6週ぐらいで十分な大きさになってしまうため
それまでに頭を下にした状態でいることが理想です。
?
(あかちゃんは頭を下にした状態でいると生まれてくるときにスムーズにいきます。
ということで、頭が上を向いている状態が逆子と呼ばれる状態です。)
?
?
「よく動く子」は足でお母さんのお腹を蹴りながらくるくる回っているといわれています。
一定の大きさになってくると頭のほうが重いため自然と頭が下になり
生まれてくる準備をしていきます。
?
?
逆子の灸をしていると不思議なことに
お腹の中のあかちゃんが動き出したと『その場で』言ってくださいます。
お灸をしている最中から動き出すと驚く人が多いです。
お灸自体は熱いと感じなくても動き出します。
?
やっている私も不思議です・・・汗
?
私は出産をしたことがないので
子供がお腹の中で動くという感覚はまったくわかりませんが、
命を感じる瞬間なんでしょうね・・・
?
逆子の灸=安産の灸です。
昔ながらの対処法、ご検討くださ!!

★★2020年9月のお休み★★
定休日水曜日
21日22日 祝日完全予約制(前日までにご予約お問い合わせください)
25日 時短営業 13〜18時
26日 お休み

  • facebook
  • twitter
  • mixi