ブログ

ブログ詳細

問診 = 木を見て森も見る


東洋医学の診察法4つの最後は問診です。
?
現在の西洋医学のお医者さんで行われているものと同じで、
患者さまの自覚症状や経過をうかがっていきます。
?
多くの症状の場合、原因は問診で突き止められることが多いものです。
?
基本的な問診として一番辛い症状が
いつから・どこが・どのようにすると・どう 痛むのか。
治療院にきたからには体に異変を感じ来院されたわけです。
その症状についてうかがっていきます。
?
次に、東洋医学は体全体をトータルに見ていくことを特徴としています。
症状を自覚していない部分がどういった状態か聞いていきます。
・寒熱
・汗
・身体の異常の有無
・大小便の異常
・食欲
・胸苦しさ、胸のつかえなど
・耳や目の異常
・のどの状態
・既往歴
・薬の服用
・月経の状態
・睡眠
他気になること、少しでも変化したこと。
全部を細かく聞いてしまうと時間が足りなくなってしまうので、
問診票にかいてもらったことを参考に、必要に応じて深堀していきます。
?
「木を見て森を見ず」
問診をするときに気を付けていることです。
東洋医学には「本治」と「標治」という考えがあります。
本治とはそもそもの身体を元気にすること。
標治とは症状を緩和させること。
標治だけをしていると症状がぶり返すことが多々あります。
まずは身体が元気になって身体が自ら治る力を強くしてから症状を取り除いたほうが
治りも早いし、再発しにくくなる。という考えです。
?
?
東洋医学の4つの診察法をブログにしてきました。
神技と呼ばれる望診から
聞診=聖技、問診=工技、切診=巧技
難易度はさておき、木だけを見ずに森を見るためにはどれも大切な診察法です。
問診だけでは見えなかった身体の異常を聞診、望診、切診で気づくことはよくあることです。
これらの総合評価でよりよい施術を提供できるようにしています。
?

★★2020年9月のお休み★★
定休日水曜日
21日22日 祝日完全予約制(前日までにご予約お問い合わせください)
25日 時短営業 13〜18時
26日 お休み

  • facebook
  • twitter
  • mixi